スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • | - |
  • |
  • - |
  • - |
  • - |
  • - |

日系アメリカ人が作った原爆のドキュメンタリー


映画のビデオへのリンク

「ヒロシマナガサキ」というドキュメンタリー映画がこちらのHBOというケーブルテレビで放映されていたのは知っていましたが、今日偶然Googleビデオにあったのを見つけたので観てみました。英語と日本語が混ざっていますが、多くの日本人の証言者のインタビューは日本語です。 

またまた偶然にも、今月の28日には日本でDVD発売らしいので、DVDで日本語字幕つきのこの映画をみてみるのもいいと思います。 
ヒロシマナガサキ
ヒロシマナガサキ

日系アメリカ人といっても3世の監督なので、純アメリカ人。そのアメリカ人からの視点にもかかわらず、慎重な目で原爆の悲惨さを訴えかけてくるこのドキュメンタリーはずっしりとくるものがあり、アメリカ人がこのドキュメンタリーを作ったということ事態めずらしいことだと思うし、アメリカ人の原爆に対する意識というものが少しづつ広がってきたんだなとも感じました。 この映画の英語サイトには学校でこの映画を見せる場合の教育のためのガイドなどもあり、アメリカのいろんな学校でこの映画を生徒に見せて教育材料として使いやすくなっています。(なぜか日本語のサイトにはないですね〜。)

証言者の方々のインタビューは聞いてるだけでつらくなってくるものもありますが、それを避けて見ないのも原爆で亡くなった方々に申し訳ない気がして観てしまいました。生き残った被爆者の方の一人が「なぜ自分だけ生き残ったんだろう?」と自問する場面があり、「こんなことは二度と起こってはいけない。生き残って私の体験を次の世代に伝えるということが宿命なんだと気づきました。」とおっしゃってました。

ドキュメンタリーのはじめに、10代くらいの数人の日本人がインタビューを受けていて、その質問が「1945年、8月6日に日本に何が起きましたか」というものでした。同じことをアメリカ人に質問しても同じ答えが返ってくるとは思いますが、案の定、多くの日本人たちも答えを知らなかったようです。 それじゃいけないんじゃないかな・・・。 (´;ω;`) もう、学校ではあまり勉強しないのかしら・・・。

日本ではもう原爆に関する映画やドラマの実写版は出ていますが、今の映画のスペシャル・エフェクトはすごいから、たぶん「はだしのゲン」などをはじめ、原爆に関する映画をハリウッドが実写映画化することも可能のはず。戦争を簡単に始めてしまうアメリカ人に是非わかっていて欲しい歴史。 でも、やっぱりみんな「残酷すぎる映画は売れない」とハリウッドの人たちは口をそろえて言うばかり。 


「はだしのゲン」アニメのワンシーン
 
そんな中でこの監督は25年かけてこのドキュメンタリーを作ったそうです。アメリカ人4人のその当時原爆投下にかかわった人たちもインタビューされてます。

映画を見た後、言葉にならない悲しさで心が重くなったようなずっしりとした心境になりますが、正直、「怖くて観れない」というひともたくさんいると思います。でも、核兵器と戦争は絶対いけないということを伝えていくにはこういうものも観るべきなんだろうと感じました。歴史を繰り返さないために。 


広島のバーで若いオーナーが被爆者講演会を毎月6日に主催しているというニュース

こういう題材の脚本を書くにつれ(まだアイデアだけで脚本はスタートしてませんが(*T-T))、難しいのがどの視点で書くか・・・。フィクションにしていいのか。 戦争経験もないようなKKに話が書けるのか。 課題が大きすぎてどこから始めていいのかKKにもわかりませんが、いつか映画にしたい。 難しいわ〜。 でも、がんばらねば。

スポンサーサイト

  • | - |
  • 06:32 |
  • - |
  • - |
  • - |
  • - |

Comment

<< ともだち | TOP | ハービー・ハンコックのライブ >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Recent Entries
Categories
Archives
Recent Comments
Recent Trackbacks
Recommend
Profile
Star
栗城隊を応援しています!
ショッピング
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R) 映画館で並ばずにチケットが買える! 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)  iTunes Store(Japan) TSUTAYA online
今日の芸術家のことば
今日の有名なことば
Links
Other
Sponsored Link