スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • | - |
  • |
  • - |
  • - |
  • - |
  • - |

日本に帰ってきて。

日本に帰ってきて、ふと考えることがある。


自分は日本で生活していけるのか?


米国での生活が恋しいのはたぶんホームシックのせいだと自分に言い聞かせ、まだ1年くらいの関西での生活をがんばっている。

でも、映画以外の人生をこれまでに送ってないだけあって、私のキャリアが有利になるような仕事は関西にはまだ見つかっていない。

ひとつ、英語教師は私には向いていないので、他を考える。 

またアメリカへ帰ればいいじゃんという声もある。でも、日本の家族とまた分かれるのも辛い。


映画を作ればいいじゃん!という声が自分の中であるのは知っている。 


でも、家族を支えるためには、まずは毎日決まった収入がある仕事が必要になってくる。 

ネットにある仕事は、外資系製薬会社、貿易会社、 外資系消費財メーカーの英文事務? 留学コーディネーター? 

英語+映画の仕事が今までの仕事だった私ができる仕事ってなんだろう・・・。 

アメリカの大学で「世界の映画の歴史」やアメリカ映画業界のことを教えていたことがあったけど、日本でそれを英語で教えるのはどうだろう? そんな学校ないかな・・・。    

でも、箱をきめてしまうこともないのかもしれないと最近思う。 自分には映画しかないのか?

今まで本気で働いてきた生活から、日本での生活へ一転。 母がもし病気になってあと1年の命と知らされていなかったら、100%まだアメリカにいただろう。 

あのころの自分は好きだったけど、家族を顧みる余裕はなかった。 帰宅はだいたい夜10時前後。 土日もバケーションも仕事のことしか考えていなかった。 ラスベガスへの旅行に仕事をもちこんで、ホテルの部屋でひとり仕事をしていたくらい。 それだけ映画のストーリーをつくるという仕事が好きだった。 それで世界中の人に声が届くということが好きだった。 

でも今は何かが違う。 

神様がバケーションをくれたのかな。 


でも、最愛の母を取り上げるなんて、神様はとても厳しいらしい。 

私 は幼稚園のときから一人飛行機で泊まりがけで親戚をたずねたりする娘だったらしい。空港ではいつもニコニコ顔で「じゃーねー!」って言って手を振ってたん だって。 親離れは早くからできてたみたい。 でも、それは母が見守っていてくれると信じていたから。帰ってきたら母がいると信じていたから。 

でも、母はもういない。 

地に足をつけて仕事をしなきゃいけないと思ってる。 この新しい場所で。 


考え方を変えれば、無限大の可能性がある! 健康だし! 感謝、感謝。  


でも、誰か力をください!って叫びたいときもある。 自分で道を開いていくしかないんだろうな。 

試練の時・・・。 

でも、言っちゃおう。 神様、力をください。 日本のグローバル化に貢献できるような、日本の将来を担うような、日本を幸せにできる仕事がしたいです。 

スポンサーサイト

  • | - |
  • 21:02 |
  • - |
  • - |
  • - |
  • - |

Comment

twitterのフォローユーザーからここに初めて来て
何となくコメントしなきゃ・・・の気持ちになりました。

「きっと神様が力を授けて下さる!大丈夫!」

何だかただそう言いたくてコメントしてます。
  • | May |
  • 2010/10/21 10:00 PM |
こんばんはヾ(=^▽^=)ノ。
ツイッター@OUCHIYOGAでお世話になってます。

お母様との別れ、
適当な言葉がみつかりませんが、辛かったことでしょうね。

映画のこと、映画のことはよくわからす、、また好きなことをして生活することの難しさも考えると、なかなかいい知恵は浮かびません。

ただ、とても感受性豊かで、洞察力も鋭く、そして、凡人にはない物事の捉え方は、ツイッターから伝わってました。

一般公開されてませんか、
映画「カンタ!テイモール」
インドネシアからの独立を目指した東ティモールのドキュメントは、とても響きました。

あなたがドキュメントを撮るとしたら、どんなテーマで、どんな風に表現するのか関心がわきました。

偉そうなこといってごめんなさいねっ(ペコリ)。

では、今後ともよろしくお願いします。
コメントありがとうございます! 映画「カンタ!テイモール」を観る機会があればみてみたいと思います。 ドキュメントだったら・・・なるほど、ドキュメンタリーを撮ることも考えてみようかな。 全然えらそうなことないですよ。優しい声をかけてくださってありがとうございます。今後とも宜しくお願いします。
  • | KK→ともちゃん |
  • 2010/10/22 11:07 AM |
Mayさん、
コメントありがとうございます! きっと、きっと!!そう信じてがんばります。母もそばにきっといてくれると信じます。 
  • | KK→May |
  • 2010/10/22 11:09 AM |
おや、つぶやいておられましたか。
早速フォローさせていただきましたw

グローバル化って、もう否応なく進んでて、
日本は世界の中の一つの国だと思うんですよね。
だから、どこでどんな仕事しててもしてなくても、
地球の上で生きてるひとりの人間ってことに、
なんら変わりはないような気もするんですよね。

自分の思う道をテケテケ歩けばいいんじゃない?
遅くても早くても無駄があってもいいじゃない?
ひと様に迷惑かけず、真摯に取り組んでいれば、
全部がきっと正解。そもそも間違っても無問題。

最近私はこんなお気楽極楽な考えでいますw

とりあえず歩いていれば、どっかにつくだろう。
歩き続けることも大事だけど、止まることも大事。
また歩き始めることも大事だし、
歩き始め続けることも大事。

自分の気持ちに正直に、
人様の気持ちも大切に、

それでも怒ることも泣くこともあるし、
きっと笑うこともあるし喜ぶこともある。

人生いっかいこっきり。
どうせ歩くなら笑って歩こう。
どうせ行くなら好きな道を行こう。

そんな感じでイヤイヤ仕事してますw

まぁド田舎の片隅でちまちま仕事してるので、
こんな心意気で生きてても大勢に影響ないし、
誰の心に残る生き方でもないんですけどねw

KKさんも信じた道を歩いてください。
地に足がついててもついてなくてもいいし、
道を切り開くでも道に流されるでもいいし、
試練に立ち向かっても逃げ出してもいいし、
日本にいてもいなくてもいいし。

それでも、きっと、
ふと振り返ったとき、
「あー、あのときのあれはこんな意味があったのか」
って思える瞬間が来るかもしれないし、
来ないかもしれないけどw

とりあえず、私は北のほうから応援してます。
大した力は送れませんけどねw
  • | 【し】 |
  • 2010/10/22 11:56 AM |
【し】さん、
どうも、お久しぶりです! コメントありがとうございます。そしていつも応援ありがとうございます。

気楽に行くのがいいのでしょうね。結果どうなるかわからないのだし。

私も【し】さんのように家も建てたいなぁ!住み心地はどうですか? 

地球人としてがんばりまーす!
  • | KK→ 【し】 |
  • 2010/10/22 2:18 PM |
注文住宅ははやり生活にフィットしてていいですね。
でも、定住してしまう、という不便さ(?)はあります。
気軽に南の島に移住!とかできないですからねぇw
  • | 【し】 |
  • 2010/10/23 8:53 AM |
【し】さん、
そんなことないですよー! おうちのレンタルもできるし、売ることだってできます。その気になれば! 選択はまだ残っているとおもいますよ。南の島への移住。私も絶対注文住宅つくりたーい。アメリカンカントリー風の家がいいなぁ。ログハウスっぽいの。 
  • | KK→ 【し】 |
  • 2010/10/23 12:23 PM |
<< 次のハリウッドでのお仕事 | TOP | クリント >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Recent Entries
Categories
Archives
Recent Comments
Recent Trackbacks
Recommend
Profile
Star
栗城隊を応援しています!
ショッピング
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R) 映画館で並ばずにチケットが買える! 大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング) ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)  iTunes Store(Japan) TSUTAYA online
今日の芸術家のことば
今日の有名なことば
Links
Other
Sponsored Link